一人暮らしを始める前に必要な準備

大学へ進学したことがきっかけで一人暮らしを始める人は少なくありません。初めての一人暮らしは心細く不安も大きいですが、しっかり準備をしておくことで、不安を和らげることが出来ます。
一人暮らしをするにあたって、準備しておくべきことをしっかり覚えておきましょう。入学式までには、住む部屋、家具などをしっかり揃えておくと良いでしょう。

大学生の一人暮らしに適した賃貸住宅の特徴

レディ

とにかく安さを重視

仕送りがない、または少ない額の大学生は、安さを重視で選びましょう。バイト代で家賃、食費、光熱費などを補うとなると、固定費である家賃を節約するのは大学生にとって重要です。固定費を抑えることで、学業や将来のための貯金をすることも出来ます。

ワンルームなど広すぎない部屋

一人暮らしであれば、ワンルームや1Kなどの広さでも十分です。大学の友達や恋人を家に招待することもあるかもしれませんが、狭い部屋で楽しく過ごすことが出来るのも、大学生のうちだけです。また狭い部屋は家賃も安いので、広すぎない部屋というのが、大学生の一人暮らし部屋の特徴の一つです。

大学から近い

通学にかける時間が少なければ少ないほど、その他の時間を有効活用出来ます。歩いて大学まで行ける、または駅から近く20分以内で通学出来る、という物件はおすすめです。学業が優先の大学生にとっては、とても重要な特徴の一つです。

女性の一人暮らしならセキュリティも重視しよう!

女性の一人暮らしは、もしもの時の不安や恐怖が大きいものですので、セキュリティを重視して部屋選びを行うのも良いでしょう。オートロックや、なるべく高い階層の部屋にすること、大家さんが1階にいることなどが安心ポイントです。また、監視カメラなどの警備システムが整っているマンションなどもおすすめです。

実家暮らしと一人暮らしの違い

食事は自分で用意する

実家暮らしとの一番の違いは、食事を自分で用意しなくてはならない点です。毎日外食やコンビニ弁当などでは、栄養も偏りますしお金もかかりますので、なるべく自炊することがおすすめです。また、そうすることで親への感謝の気持ちを再確認するようになりますので、ぜひ自炊にチャレンジしてみましょう。

一人で過ごす時間が増える

家族と離れることで一人で過ごす時間が大幅に増えます。孤独感や不安感が増すこともありますが、それを経験することでより家族に感謝するようになります。実家では気づかなかったありがたみや愛情を感じられるのが、実家暮らしと一人暮らしの違いの一つです。

総合的な判断が大切!大学生が一人暮らしをする部屋を選ぶ際の注意点

インテリア

一人暮らしに適した部屋は不動産会社のホームページで検索!

一人暮らしに適している部屋は、条件をいれて検索することでインターネット上で簡単に探すことが出来ます。また、不動産会社のホームページに直接アクセスすることで、おすすめ物件や穴場の情報なども見ることが出来ます。
大学近くの物件、または2~3月などの引っ越しシーズンには人気物件はすぐ埋まってしまいますので、なるべく早く準備を進めておきましょう。自分にぴったりの一人暮らし部屋を見つけて、大学生活をスタートさせましょう。

広告募集中