• ホーム
  • 危険な糖質制限ダイエット

危険な糖質制限ダイエット

野菜を食べる女性

糖質は人間が生きていく上で欠かせないエネルギー源です。しかし、過剰摂取してしまうとさまざまなトラブルの原因になります。糖質を摂りすぎると血糖値の急上昇により、インスリンが増加してぶどう糖が中性脂肪に変わりやすくなります。この中性脂肪が蓄積することで肥満になってしまうということです。

最近では糖質の摂取量を減らす糖質制限ダイエットが人気となっています。糖質の摂取を減らせば確かに短期間で体重を落とすことができます。しかし、自己流のやり方では危険性もあることを知っておきましょう。さまざまな健康へのリスクが考えられるため、正しいやり方で糖質制限ダイエットを実践することが大切です。

糖質制限ダイエットは始めるとすぐに体重が落ちますが、最初は体脂肪が減っているわけではなく、水分量が減っているだけです。そのためダイエット効果を得たいならある程度長く継続することが重要です。

糖質制限ダイエットの危険性としてはまず、糖質不足による脳の機能低下が挙げられます。脳はブドウ糖をエネルギー源としており、低血糖の状態が長く続くとエネルギーが不足してしまいます。低血糖の状態が長期間続くことにより、集中力が低下したりイライラしやすくなることもあります。

糖質不足によってブドウ糖が不足した場合、代わりに脂質をエネルギーとして使用することになります。脂質の代謝産物として産生されるのがケトン体ですが、このケトン体が多くなると体液が酸性になってしまいます。そうすることで吐き気や嘔吐といった症状が起こりやすくなります。

糖質を摂取しないと栄養バランスが崩れやすくなることも問題です。エネルギー源が不足するので代わりにタンパク質や脂質の摂取量が増えやすくなりますが、タンパク質の過剰摂取は腎機能を悪化させてしまいますし、脂質の過剰摂取は動脈硬化のリスクが高まります。そのため自己流の糖質制限ダイエットは行わないようにしましょう。

ダイエットでは糖質の過剰摂取に気をつけることがポイントです。おでんは糖質が少ないですし、カロリーも低いのでダイエットに最適な料理なのではないかと考えている人もいるでしょう。また、おでんにはさまざまな食材が使われているため、飽きにくいこともポイントです。

確かにおでんは低糖質かつ低カロリーですし、ダイエット効果のある食材も多く含まれています。そのためダイエットに向いた料理であると言えますが、中には糖質の多い食材もあるので注意して食べるようにしましょう。特に練り物は糖質やカロリーが高いため、できるだけ食べないようにするのがおすすめです。