• ホーム
  • 海外のダイエットサプリの効果と概要

海外のダイエットサプリの効果と概要

スリムな女性

最近では世界中でダイエットがブームになってきており、さまざまな国でダイエットサプリが販売されています。そのため海外製品のダイエットサプリに興味を持っている人もいるかもしれません。日本の製品とどのような違いがあるのかチェックしておきましょう。

海外製品の中には食品ではなく、食品と医薬品の間として扱われているダイエットサプリなどもあります。国によって規定が異なりますし、成分や製造方法などをしっかりチェックしておくことが大切です。ちなみに、海外製品は外国人の体格や体質に合わせて作られているため、日本人には合わない可能性もあります。

アメリカは日本と違い、社会保険があまり充実していません。ちょっとした病気でも高額の医療費を支払う必要があるため、病気になる前の予防に関心が高いということです。そのため病気の予防効果のあるサプリもいろいろ販売されているということです。

日本ではサプリはあくまで食品であり、日常生活をサポートするためのものです。しかし、アメリカでは医薬品に近い成分を使用しており、成分量も多くなっています。そのため効果についても医薬品に近いものが期待できるということです。

日本の基準で審査され、販売の認可が下りた製品なら安全性については心配ないでしょう。ですが、中には認可されていない成分を使っていたり、成分量が多い海外製品なども販売されています。そのような製品でも個人輸入を利用すれば手軽に購入することができますが、副作用のリスクが高まるので注意しましょう。中には海外製品を使用し、死亡してしまったというケースもあります。

ダイエットサプリには向精神薬が含有されていることもあるため、注意が必要です。そのような製品も通販サイトで販売されていることがありますが、さまざまな副作用のリスクがあるので購入は法律で禁じられています。

具体的な副作用としては、手足の痺れや腹痛、嘔吐、発汗、動悸、息切れといったものが挙げられます。最悪の場合、死亡するケースもあるため、危険なダイエットサプリには絶対に手を出さないようにしましょう。

また、中国製のサプリの中には、甲状腺機能障害や重い肝機能障害の原因となる成分が使われている可能性もあります。フェンフルラミンという成分は1972年にアメリカで認可された成分ですが、やがて重い肺高血圧症や心臓弁の異常の原因になることが分かりました。日本ではもともと認可されていませんし、健康のためにも使用しない方が良いでしょう。